※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


畢宿(ひっしゅく)

畢宿は、いわゆる”庶民的”な魅力のある人が多い星です。

じっくり落ち着いて生きていくのが特徴。

ふつうであることのよさを誰より知っているのが、畢宿の人。

畢宿の生き方は、よく牛のゆっくりした歩みにたとえられます。


また、多くの人と縁があります。

人の輪の中で生きていくことが多いでしょう。

畢宿を料理にたとえるなら、スパイシーな味が流行るなか、醤油とみりんで

つくったふつうの味。

毎日食べたくなる定番系です。


実際、畢宿の女性は主婦業に専念することも多いものです。

家族に囲まれた平凡な暮らしに満足できる星なのです。


ちょっと見にはただの平凡な生き方に見えますが、これが意外に難しいもの。

普通の人は癖があって、なかなか真似できません。

目立たず静かながら、人徳さえ感じさせる落ち着きがあります。


そんな畢宿は、人生に対しては奥手!

ゆっくり、どっしり、安定した生き方をしていって、年齢とともに

周囲に認められていきます。


一方で内面を見ると、かなりの頑固者であることがわかります。

口数は少なく、意志は固く、一度思い込んだことは決して変えません。

他人の意見にも、あまり耳を貸さないタイプ。

この頑固さが過ぎると、ただの話の通じないおじさん・おばさんに

なってしまうことも。。。

畢宿の女性は家庭におさまりきってしまうと、気のきかない妻に

なる人も少なくありません。


また、その逆を行く人もいます。

庶民派に飽き足らず、派手な路線にシフトしていく人も意外と多いものです。

でも、ここが注意のしどころ!

あまり華やかにすると浮いてしまうことが多く、せっかくの人気に

かげりが出がちです。

飾るほど魅力が色あせます。


もともと畢宿は頑固でパワーがありすぎるほどなので、妙に意固地になって

独自路線を行くと決めてしまうと、やりすぎて周囲から浮いてしまいます。

それに、ふつうの感覚はあるものの、あかぬけたセンスは持ち合わせていません。


また、畢宿は方向転換が苦手です。

一度路線を間違えると、なかなか修正できずに人生の多大な時間を

費やすことになります。

そのため、進むべき道を決めるときは、他の星の人よりも慎重さが求められます。


女性の場合は、男選びにも注意が必要です。

畢宿はなぜか面倒な男に翻弄されがちな星。

とにかく見る目がありません。


がんばり屋で方向転換が苦手なので、一度寄り添うと尽くしつづけ、

我慢に生きることに。。。

相手選びは慎重にしてください。


とにかく真面目で一心不乱な星だけに、目的地の設定を間違えると

黙々と間違った方向へ歩きつづけることになるので、最初が肝心です。


畢宿の有名人

畢宿の歴史上の人物

占い専科☆宿曜占星術




posted by yui at 00:00 | 運命と性格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。