※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


宿曜占星術ってどんな占いなの?

バビロニアに発して、古代インドで大成した星占いが、不空三蔵によって

中国語に翻訳、集大成されたものが「宿曜経」という本です。

それを空海が持ち帰ったのが、日本での宿曜術の始まりです。

では、それだけ古い歴史がありながら、何故今まであまり知られてなかったのでしょう。

それは、宿曜術のあまりの的中率の高さゆえに、秘伝とされていたことによります。

文字によらず、口伝のみで伝えられてきたので、世間に知られることがなかったのです。

秘伝にされるほど的中率が高いって言うけど、何故あたってない人がいるの?

と、思われる方も少なくないでしょう。。。

その理由のひとつは統計学であること!

統計に100%はありえないことなのです。

もうひとつの理由は、先に書いたように、大変歴史のあるものです。

時が移り、時代が変わればその解釈も変わって当然なのです。

古い解釈をそのまま現代に当てはめてみても、当然無理があります。

また、口伝によって伝えられたものですから、伝わる過程である程度

変わってきた部分もあったかもしれません。


さらに残念なことに、戦国時代の頃に宿曜術は一度全滅しています。

正式な口伝伝承者が途切れてしまっているのです。

その後、江戸時代の頃から再編が行われ、

口伝も色々な物を組み合わせ、編成し直しているという経緯があります。

つまり、江戸時代以降、色々な人の手によって、

口伝そのものも作り直されているのです。


そしてもうひとつ!

この宿曜占星術は、旧暦の誕生日によって占います。

昔、旧暦を使っていた時代と、現代の旧暦の換算の方法は違うのです。


つまり、旧暦時代の天保暦によって計算した日付と、現在の計算方法で

割り出した旧暦とでは、日が1日前後したり、月名が変わったりする

場合があるのです。


私が宿曜占星術に出会ったのは、もう15年も前のことです。

その頃と比べて、今では本業の占い師さんも宿曜術を看板に出す方が増えてきました。

さらに、雑誌などにも取り上げられたり、本も少しずつ出回るようになってきました。

でも、何冊かの本を見比べてみると、同じ宿がまるで違うように書かれていたり

することもあります。

それは上記の理由による解釈の違いや、旧暦の計算の矛盾のために

起こった現象といっていいでしょう。

そうなると、どの解釈が正しくて、どの解釈が間違っているのか・・・

などと思う方もいらっしゃるでしょう。

その答えは残念ながら出すことは出来ません。


ですから、ここでの占いはどっぷり浸かるのではなく、

あくまで参考程度に楽しんでくださいね♪









posted by yui at 00:00 | 宿曜占星術について
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。