※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


昴宿(ぼうしゅく)

「気高い星のもとに生れた人」

そんな呼び名を与えたくなるのが昴宿です。

凛として気位の高い人が多い星です。


密教占星術では昔から最高の名誉星とされ、高い徳を備え、

最高の運に恵まれる星とされてきました。

いわば、生まれながらにして天の祝福を受けた星だといえそうです。


実際、昴宿の人は恵まれた環境から人生をスタートするという運を持っています。

そのため性格がおっとりしていて、ガツガツしたところがありません。

男性ならお坊ちゃんタイプ、女性ならお嬢さんタイプといった印象。

見るからに品がよく、節度のある人に育ちますから、相手に安心感や

信頼感を与えるところがあります。

そのため、自然と身分のある目上の人や見る目のある賢い人たちに

好かれて引き立てられる・・・という成り行きに。。。

トントン拍子で若いうちから運が開けていきます。


昴宿が運に恵まれるのは人徳があるためでもあります。

もともと視野が広く、一歩引いて物事を見ることができるため

片寄ったこだわりがありません。

どこか超越しているというか、いつもゆったり構えていられる稀な人です。

自分の欲望ばかり優先する人が多い世の中では実に珍しいタイプで、

それが一種の気品として醸し出されるわけです。

ひとことでいうなら”聡明な人”。

昴宿は天体でいうなら「すばる」に当たる星。

すばるは学問や芸術をつかさどる星とされてきました。

昴宿は頭がよく理知的で、いわゆるまともな感覚の持ち主です。

お金や物質には関心がなく、学問や芸術を愛する人でもあります。


イメージで言うなら、昴宿は天から地上を見おろすような目線の持ち主。

そのため、細かいことにはこだわらず、他人に対してもその人の

本質だけを見てあげる余裕があります。

とても公平で大きな優しさの持ち主なのですが、気高すぎて

優しさが前面に出ないのが損なところでしょう。


志が高いので、徹底した理想主義者でもあります。

世界は平和で平等であるべきだし、人間は教養があって美しくあるべき・・・

そんな夢を本気で追っているのが昴宿なのです。

理想主義と博愛主義ゆえに、世の中から浮いてしまうことが多いのも事実です。

昴宿は頭がよくて志は高潔なものの、政治的な駆け引きはからきし苦手。

そのため、現実離れした夢追い人で終わってしまうことも多いものです。

恵まれて育ったために、たたき上げ派から反感を買ってしまうのは昴宿の弱みです。

庶民の反感を買わないように気をつけたいところです。


昴宿の女性は高望みのことが多いのですが、それも一種の理想主義の

表われだといえるでしょう。


昴宿は自分の能力の限界がわかるだけに、臆病になりがち。

完璧を求めるあまり、それができないぐらいなら何もしないほうがいい・・・

と家にこもってしまう人もいます。

この特徴が悪く出ると、自分は何もしないのに要求だけ高い人になることも。。。


「理想は高いのに実力は今いち」

というのは昴宿の一生を通じてのジレンマです。

もともと昴宿は頭脳の人。

頭がよく、いいものを見分ける目はもっていますが、現実的な力はありません。

アドバイスとしては、自分の非力さを自覚して謙虚さを忘れないこと。

そして、あなたの高潔な人柄を認めて尊敬してくれるサポーターに囲まれて

現実面を助けてもらいながら名誉ある人生を送るべきです。


逆に避けたいのは、下世話な環境に身を置くこと。

人づき合いに苦手意識を抱いて孤独になりがちです。


むしろ昴宿は、文化や芸術の世界の中で才能を発揮できる星です。

おっとりと品がよく、ガツガツしない昴宿は、世の中を豊かにする

ために生きて欲しいものです。


昴宿の有名人

昴宿の歴史上の人物

占い専科☆宿曜占星術




posted by yui at 00:00 | 運命と性格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。