※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


角宿の歴史上の人物-宿曜占星術

江月宗玩(こうげつそうがん)天正2〜寛永20年(1574〜1643)
・堺の津田宗及の子。
父宗及の縁で大徳寺、南宗寺に入ったが、慶長11年(1606)、黒田長政が父
如水の為に建てた龍光院に入り、のち大徳寺156世となった。
父の影響を受け茶道、詩書に造詣が深い。

千姫(せんひめ)慶長2年〜寛文6年(1597〜1666)
・徳川家康の孫。
慶長8年(1603)に豊臣秀頼に嫁ぎ、大坂夏の陣で秀頼の死後元和2年(1616)、
本多忠刻と結婚。
忠刻の死後、出家した。

天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)天保6年〜明治16年(1836〜1883)
・江戸幕府13代将軍正室

鍋島直茂(なべしまなおしげ)天文7〜元和4(1538〜1618)
・肥前国の戦国時代・安土桃山時代の武将
佐賀城主龍造寺隆信に仕え、数々の戦功を立てる。
龍造寺隆信の死後、隆信の嫡男政家を輔佐し、政家から国政を委ねられた。
政家の死後、徳川家康から藩主と公認され、鍋島藩の祖となる。


角宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。