※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


房宿の歴史上の人物-宿曜占星術

伊藤博文(いとうひろぶみ)天保12年〜明治42年(1841〜1909年)
明治憲法の起草に関わり、初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣を務めた。

後朱雀天皇(ごすざくてんのう)寛弘6年〜寛徳2年(1009〜1045)
・第69代天皇

後深草天皇(ごふかくさてんのう) 寛元元年〜(1243〜1304)
・第89代天皇

後堀河天皇(ごほりかわてんのう)建暦2年〜天福2年(1212〜1234)
・第86代天皇

三条西実枝(さんじょうにしさねえだ)永正8年〜天正7年(1511〜1579)
・戦国時代の公家・歌人・古典学者。内大臣正二位。
三条西家に伝わる「源氏物語」の学を集大成した「山下水」を著している。
細川幽斎に「初学一葉」を与え、古今伝授を行った。
家集に「三光院集」がある。

立花忠茂(たちばなただしげ)慶長17年〜延宝3年(1612〜1675)
・筑後国柳河藩の第2代藩主
立花宗茂の弟・立花直次の四男。子が無かった伯父・宗茂の養嗣子となった。
1637年の島原の乱では自ら軍を率いて参戦し、功を挙げる。

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)天保8年〜大正2年(1837〜1913)
・江戸幕府第15代将軍。征夷大将軍従一位内大臣。勲一等。公爵。
明治以降は趣味に生き、公爵として大正時代まで天寿を全うした。

前田利貞(まえだとしさだ)慶長3年〜元和6年(1598〜1620)
・前田利家の六男
大坂冬の陣での功により五千石を加増される。夏の陣にも参戦。
大坂両陣に際して登用した家臣を養うことが出来ず、食禄返上を願い出る。

水戸光圀(みとみつくに)寛永5年〜元禄13年(1628〜1701)
・常陸国水戸藩2代目藩主。徳川家康の孫
水戸黄門としても知られ、紀伝体の歴史書である『大日本史』を編纂

吉田松陰(よしだしょういん)天保元年〜安政6年(1830年〜1859)
・江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。
私塾松下村塾主宰者


房宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。