※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


女宿の歴史上の人物-宿曜占星術

朝倉孝景(英林)(あさくらたかかげ) 正長元年〜文明13年(1428〜1481)
・室町時代中期の武将。朝倉氏7代目当主

有馬則頼(ありまのりより)天文2年〜慶長7年(1533〜1602)
・戦国時代、安土桃山時代の武将
・有馬重則の嫡男、有馬豊氏の父に当たる。
播磨国赤松氏の庶流で秀吉の家臣として仕え、毛利氏攻めに従軍した。
九州征伐、朝鮮出兵などに参加、功を挙げたことにより、三田城を与えられた。
晩年は秀吉の御伽衆を務めている。
秀吉死後は徳川家康に接近し、1600年の関ヶ原の戦いでは東軍に与した。

池田利隆(いけだとしたか)天正12年〜元和2年(1584〜1616)
・播磨姫路藩主。池田輝政の子

小笠原秀政(おがさわらとしたか)永禄12年〜慶長20年(1569〜1615)
・安土桃山時代から江戸時代の大名。小笠原貞慶の嫡男

亀井政矩(かめいまさのり)天正18年〜元和5年(1590〜1619)
・江戸時代前期の大名。亀井茲矩の子
・鹿野藩の第2代藩主

空海(くうかい)宝亀5年〜承和2年(774年〜835)
・日本真言宗の開祖。
書道家としても能筆で知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられる。

黒田孝高(くろだよしたか)天文15年〜慶長9年(1546〜1604)
・戦国時代・安土桃山時代の武将
・通称:官兵衛(かんべえ)
始め播磨国の小寺氏に仕え、後、秀吉の軍師となる。

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)正応元年〜延元4年/暦応2年(1288〜1339)
・第96代天皇

近藤勇(こんどういさみ)天保5年〜慶応4年(1834〜1868)
・新選組局長。晩年は幕臣。
勇は通称で、実名は昌宜(まさよし)

嵯峨天皇(さがてんのう)延暦5年〜承和9年(786〜842)
・第52代天皇
818年、死刑を廃止を発布た。死刑廃止は以後鎌倉幕府の成立まで347年間続く。
漢詩、書をよくし、三筆の一人に数えられる。

津軽信牧(つがるのぶひら)天正14年〜寛永8年(1586〜1631)
・津軽藩二代藩主。津軽為信の三男。

徳川家斉(とくがわいえなり)安永2年〜天保12年(1773〜1841)
・徳川幕府第11代将軍。第8代将軍徳川吉宗の曾孫。
・御三卿の一橋家2代当主徳川治済の長子

松浦隆信(まつらたかのぶ)天正19年〜寛永14年(1592〜1637)
・平戸の松浦氏第28代当主。第3代肥前国平戸藩主。

松平清康(まつだいらきよやす)永正8年〜天文4年(1511〜1535)
・戦国時代の武将
・三河松平氏6代当主松平信忠の子で、松平広忠の父、徳川家康の祖父。
三河を統一し、余勢をかって尾張に進軍。
1535年、尾張に侵入し織田氏の守山城を攻めた。この守山の陣の最中、
清康は大手門付近で突如、家臣の阿部弥七郎正豊に斬られて殺された。


女宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。