※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


虚宿の歴史上の人物-宿曜占星術

足利義昭(あしかがよしあき)天文6年〜慶長2年(1537〜1597)
・室町幕府第15代将軍

大久保利通(おおくぼとしみち)天保元年〜明治11年(1830〜1878)
・幕末から明治初期の政治家
木戸孝允・西郷隆盛と並んで維新の三傑と呼ばれる。

勧修寺晴豊(かじゅうじはれとよ)天文13年〜慶長7年(1544〜1602)
・権利大納言勧修寺晴右の子
武家伝奏職を務め、織田信長・豊臣秀吉とのさかんな交流があり,「晴豊
日記」は当時の世情を知る上で貴重な史料として知られる。

後宇多天皇(ごうたてんのう)文永4年〜元亨4年(1267〜1324)
・第91代天皇

近衛天皇(このえてんのう)保延5年〜久寿2年(1139〜1155)
・第76代天皇

酒井忠勝(さかいただかつ)天正15年〜寛文2年(1587〜1662)
・徳川幕府の老中・大老
同時代に、宮内大輔を称し出羽庄内藩主をつとめた酒井忠勝は同姓同名の別人。

仙石秀久(せんごくひでひさ)天文20年〜慶長19年(1551年〜1614)
・戦国時代、安土桃山時代の武将
戸次川の戦いで無謀な作戦を立て、真っ先に敵前逃亡した。
後年の史料で『三国一の臆病者』と言われるほどに罵られている。

沢庵宗彭(たくあんそうほう)天正元年〜正保2年(1573〜1646)
・臨済宗の僧
紫衣事件で出羽国に流罪となり、その後赦されて江戸に万松山東海寺を開いた。
書画・詩文に通じ、茶道にも親しみ、多くの墨跡を残している。
一般的に沢庵漬けの考案者と言われているが、これは間違い。

武田信玄(たけだしんげん)大永元年〜元亀4年(1521〜1573)
・甲斐国の戦国大名

北条政子(ほうじょうまさこ)保元2年〜嘉禄元年(1157〜1225)
・鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室
夫の死後は出家し、"尼御台"(あまみだい)と称された。
子の頼家・実朝の死後は、幼い将軍藤原頼経の後見となって幕政に関与、
"尼将軍"と称された。

松平信綱(まつだいらのぶつな)慶長元年〜寛文2年(1596〜1662)
・江戸時代の大名
徳川家光・家綱の二代にわたって老中をつとめた。
幼少の頃より才知に富んでおり、官職から「知恵伊豆」と称された。
島原の乱鎮圧や明暦の大火後の江戸復興などで活躍し、家光・家綱時代を
支えた名老中であった。


虚宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

徳川家光
Excerpt: 徳川家光徳川 家光(とくがわ いえみつ、慶長9年7月17日 (旧暦)|7月17日(1604年8月12日) - 慶安4年4月20日 (旧暦)|4月20日(1651年6月8日))は江戸幕府の第三代征夷大将..
Weblog: 知ってる?
Tracked: 2006-06-01 18:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。