※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


室宿の歴史上の人物-宿曜占星術

足利義詮(あしかがよしあきら)元徳2年〜正平22年/貞治6年(1330〜1367)
・室町幕府2代将軍
・足利尊氏の第三子で嫡男

小笠原貞慶(おがさわらさだよし)天文15年〜文禄4年(1546〜1595)
・小笠原長時の三男
父が武田信玄に大敗し領国を追われ、上杉謙信のもとへ落ち延び謙信に
仕えた。
父から家督を相続した頃は織田信長に仕えており、武田氏が滅亡すると
信長から信濃の一部に所領を与えられた。
信長の死後は徳川家康の家臣となり、松本城を与えられ、大名として復帰。

神屋宗湛(かみやそうたん)天文20年〜寛永12年(1551〜1635)
・戦国時代から江戸時代前期にかけての博多の豪商
・神谷氏の第6代当主。第5代当主
1582年、上洛して織田信長に謁見し、信長の保護を得ることで島津氏を
抑え、豪商としての地位をさらに極めようとした。
4年後、再度上洛して今度は畿内の諸大名や堺の大商人らと親交を深めた。
その後豊臣秀吉に謁見し、豪商としての特権を与えられた。
秀吉の死後、徳川家康からは冷遇され、宗湛は天下の大商人から黒田氏の
御用商人にまで成り下がってしまう。
著作として、『宗湛日記』がある。
宗湛の活躍をまとめた茶会記であるが、秀吉政権の内部を知る上では貴重な
史書の一つともされている。

黒田長政(くろだながまさ)永禄11年〜元和9年(1568〜1623)
・戦国から安土桃山時代の武将、大名
・筑前国福岡藩初代藩主。黒田孝高の嫡男

孝徳天皇(こうとくてんのう)推古天皇4年〜白雉5年(596〜654)
・第36代天皇
初めて元号を立てて、大化元年(645年)とし、650年には白雉に改元した。
大化元年から翌年にかけて、各分野で制度改革を行なった。
この改革を大化の改新と呼ぶ。

後嵯峨天皇(ごさがてんのう)承久2年〜文永9年(1220〜1272)
・第88代天皇

後花園天皇(ごはなぞのてんのう)応永26年〜文明2年(1419〜1470)
・第102代天皇

坂本乙女(さかもとおとめ)天保3年〜明治12年
・坂本竜馬の姉
剣術、馬術、弓術、水泳などの武芸を嗜み、特に薙刀がうまかったといわ
れる。また、琴・三味線・舞踊・謡曲・経書・和歌などの文芸にも長けた、
文武両道の人物だった。
身長約174cm、体重は100kgを超えていたといわれる。

桜町天皇(さくらまちてんのう)享保5年〜 寛延3(1720〜1750))
・第115代天皇
聖徳太子の再来といわれていた。
また、歌道にも優れていたといわれる。

順徳天皇(じゅんとくてんのう)建久8年〜仁治3年(1197〜1242)
・第84代天皇
歌の才能に長けていたと言われており、歌集『順徳院歌集』を出している。
また、有職故実に通じていて解説書『禁秘抄』を著している。

神武天皇(じんむてんのう)庚午年〜神武天皇76年(紀元前711〜紀元前585)
・初代天皇

崇光天皇(すこうてんのう)建武元年〜応永5年(1334〜1398)
・北朝第3代天皇

二条天皇(にじょうてんのう)康保2年〜永万元年(1143〜1165)
・第78代天皇

蜂須賀家政(はちすかいえまさ)永禄元年〜寛永15年(1558〜1639)
・阿波の大名。蜂須賀正勝(小六)の子。
幼少期から父とともに豊臣秀吉に仕えて各地を転戦。
武功派として度々先陣を務め、天正14年(1586年)には阿波一国18万石を
与えられ、徳島城を築城した。
阿波踊は城が竣工した折、家政が城の完成祝いとして、「好きに踊れ」
という触れを出したことが発祥という説がある。

細川藤孝(ほそかわふじたか)天文3年〜慶長15年(1534〜1610)
・戦国武将
室町将軍家、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え重用された。
三条西実枝から古今伝授を受け近世歌学を大成させた歌人でもある。


源頼家(みなもとのよりいえ)寿永元年〜元久元年(1182〜1204)
・鎌倉幕府二代将軍
・源頼朝の長男、母は北条政子。


室宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。