※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


壁宿の歴史上の人物-宿曜占星術

足利義政(あしかがよしまさ)永享8年〜延徳2年(1436〜1490)
・室町幕府8代将軍
・6代将軍足利義教の子。乳母は今参局。正室に日野富子。
幕府の財政難と土一揆に苦しみ政治を疎み、幕政を富子や有力守護大名に
委ねて、自らはもっぱら数奇の道を探求した文化人だった。
29歳で隠居を思い立つが嫡子に恵まれなかった為、実弟の義視を養子として
次期将軍に決定した。
翌年、富子に実子が誕生し、足利将軍家の家督継承問題が起る。

後一条天皇(ごいちじょうてんのう)寛弘5年〜長元9年(1008〜1036)
・第68代天皇

後白河天皇(ごしらかわてんのう)大治2年〜建久3年(1127〜1192)
・第77代天皇
遊び人の評判が高く「文にあらず、武にもあらず、能もなく、芸もなし」と
父に酷評されていた。
自分の政権維持のために、平家や木曾義仲ら武士勢力を利用しては、その存
在が邪魔になると討伐という形で使い捨てを続けた事から、源頼朝からは「日
本国第一の大天狗」と評された。

佐竹義宣(さたけよしのぶ)元亀元年〜寛永10年(1570〜1633)
・佐竹氏19代当主。久保田藩(秋田藩)の初代藩主
・佐竹義重の長男
1590年頃の佐竹氏は滅亡の危機にあったが、豊臣秀吉の小田原征伐に参陣
して所領を安堵された。
小田原征伐後、秀吉の力を背景に敵対していた江戸重通を追い、さらに南方
三十三館の国人衆を謀殺して、常陸54万石を領有することに成功した。
関ヶ原の戦いでは家臣の反対を押し切って西軍についたが、態度がハッキリ
せず、東軍が岐阜城を落とすと、家康のもとに戦勝祝いの使者を派遣して中
立を決め込む。
その曖昧な態度を家康から咎められ、常陸54万石から出羽久保田18万石へ減封された。

白河天皇(しらかわてんのう)天喜元年〜大治4年(1053〜1129)
・第72代天皇

清和天皇(せいわてんのう)嘉祥3年〜元慶4年(850〜880)
・第56代天皇

竹中重治(たけなかしげはる)天文13年〜天正7年(1544〜1579)
・戦国武将
・通称は半兵衛

立花宗茂(たちばなむねしげ)永禄12年〜寛永19年(1567〜1642)
・戦国、安土桃山時代の武将
・高橋紹運の嫡男。立花道雪の養嗣子
智勇に優れた名将であり、宗茂が行くところ敵なしと言われるほどだった。
蔚山での戦いでは加藤清正が窮地に陥っていることを知ると、宗茂はわずか
500の兵で加藤清正を救出した。
このことから加藤清正に「日本軍第一の勇将」と絶賛された。

伏見天皇(ふしみてんのう)文永2年〜文保元年(1265〜1317)
・第92代天皇
書道の伏見院流の祖


壁宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。