※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


奎宿の歴史上の人物-宿曜占星術

大友宗麟(おおともそうりん)享禄3年〜天正15年(1530〜1587)
・戦国大名
・大友氏21代
当初は禅宗に帰依していたが、後にキリスト教の洗礼を受けた。
洗礼名はドン・フランシスコ(普蘭師司怙)

勝海舟(かつかいしゅう)文政6年〜明治32年(1823〜1899年)
・江戸時代末の幕臣、政治家
山岡鉄舟・高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。
1860年には、咸臨丸で太平洋を横断しアメリカへ渡った。
面倒見がよく、車(当時の人力車)にのったときもより多くの賃料を払い、
海舟が乗る地域の人力車では相場があがったほどだった。

清河八郎(きよかわはちろう)天保元年〜文久3年(1830〜1863)
・幕末の志士。浪士組の幹部
出羽国庄内藩領清川村(現・山形県東田川郡庄内町)の郷士の斉藤豪寿の子
勉学において、かなり優秀だった。
さらに北辰一刀流の免許を得ており、文武両道の士だった。
安政2年(1855)には母親を連れて、善光寺、名古屋、伊勢、奈良、京都、
近江、大阪、宮島、岩国、天橋立、鎌倉、江戸、日光などをめぐる大旅行を
する。その記録「西遊草」は幕末の旅行事情を知るうえでは貴重な資料である。

三条天皇(さんじょうてんのう)天延4年〜寛仁元年(976〜1017)
・第67代天皇

島津忠恒(しまづただつね)天正4年〜寛永15年(1576〜1638)
・初代薩摩藩主。島津義弘の三男
後に家久(いえひさ)と改名するが、同名の叔父が存在するため、区別する
ために初名である「忠恒」と表記される事が多い。

島津忠長(しまづただなが)天文20年〜慶長15年(1551〜1610)
・戦国時代の武将。島津義久と島津義弘の従兄弟
島津義久・義弘に仕えた。
関ヶ原の戦い後、島津氏の代表として徳川家康に対して義弘の西軍参加に
対する弁明の使者を務め、島津氏の国老に任じられて宮之城領主に任命さ
れた。この忠長の系統が、後に宮之城島津氏となる。

仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう)建保6年〜天福2年(1218〜1234)
・第85代天皇
在位期間がわずか3ヶ月足らずのため、諡号がつけられず九条廃帝、半帝、
後廃帝と呼ばれていた。
明治3年に天皇として認められ、仲恭天皇と追号された。

徳川家治(とくがわいえはる)元文2年〜天明6年(1737〜1786)
・江戸幕府第10代将軍
・第9代将軍家重の長男。8代将軍吉宗の孫
学芸の才能に恵まれ書画を得意としていた。
田沼意次を側用人に重用し、老中の松平武元らと共に政治に励んでいたが、
意次が老中になると、政治を意次にまかせ好きな将棋などの趣味に没頭する
ことが多かった。

徳川家光(とくがわいえみつ)慶長9年〜慶安4年(1604〜1651)
・江戸幕府第三代将軍
・二代将軍秀忠の子。母は浅井長政の娘で織田信長の姪にもあたる於江与。
老中・若年寄・奉行・大目付の制を定め、幕府機構を確立。
諸士法度の制定、大名に参勤交代を義務づけるなど武家統制の強化を図った。
貿易統制ならびにキリシタン弾圧の強化など、鎖国体制を完成させる。

保科正貞(ほしなまささだ)天正16年〜寛文元年(1588〜1661)
・上総飯野藩初代藩主
兄・正光に実子が無かったため、徳川家康の命令で養子となった。
大坂夏の陣では、槍や鉄砲傷を4箇所も負いながらも武功を挙げる。
しかし、正光に徳川秀忠の落胤とも言える保科正之が養子となったため廃嫡。
保科氏を去り、諸国を放浪。叔父である伊勢桑名藩主・松平定勝のところに
身を寄せ、1629年に幕臣となり3000石を与えられた。
その後、大坂城や二条城の在番を務め、大坂定番となって加増される。
1万7000石の大名として諸侯に列し、飯野藩を立藩した。

毛利秀元(もうりひでもと)天正7年〜慶安3年(1579〜1650年)
・安土桃山時代の武将、江戸時代の大名
・長府藩初代藩主。毛利元就の孫。


奎宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。