※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


胃宿の歴史上の人物-宿曜占星術

一条昭良(いちじょうあきよし)慶長10年〜寛文12年(1605〜1672)
・江戸時代前期の公卿。後陽成天皇の子

お梶の方(おかじのかた)天正5年〜寛永19年(1578〜1642)
・徳川家康の側室
家康が49歳のとき、13歳で側室になる。
非常に聡明だったことから寵愛を受け、江戸城内でも重きをなした。

勧修寺光豊(かじゅうじみつとよ)天正3年〜慶長17年(1575〜1612)
・公卿
関ヶ原の戦いの際には大坂城に遣わされ、豊臣秀頼に徳川家康との講和を要請する。

西郷隆盛(さいごうたかもり)文政10年〜明治10年(1828〜1877)
・幕末、明治の政治家。薩摩国
長州藩の木戸孝允(桂小五郎)、薩摩藩の大久保利通と並び「維新の三傑」と称される。
徳川家茂(とくがわいえもち)弘化3年〜慶応2年(1846〜1866)
・江戸幕府第14代将軍

南部信直(なんぶのぶなお)天文15年〜慶長4年(1546〜1599)
・戦国大名。南部氏26代当主
政治力は優れており、早くから豊臣家や徳川家との友好関係を結んでいる。

本願寺准如(ほんがんじじゅんにょ)天正5年〜寛永8年(1577〜1631)
・本願寺第12世門主。顕如の三男
兄・教如が父と対立したため、兄に代わって門主を継いだ。

山科言継(やましなときつぐ)永正4年〜天正7年(1507〜1579)
・戦国時代の公家
和歌、蹴鞠、漢方医学や酒宴などの多彩な才能の持ち主だった。
多くの戦国大名との交友でも知られている。
気さくな人柄で、優れた医療知識をもって天皇や公家達だけでなく、庶民に
対しても治療を行ったため、庶民からも人気がある公家となった。
日記『言継卿記』は当時の世相を知る貴重な史料となっている。

冷泉天皇(れいぜいてんのう)天暦4年〜寛弘8年(950〜1011)
。第63代天皇


胃宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。