※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


畢宿の歴史上の人物-宿曜占星術

朝倉貞景(あさくらさだかげ)文明5年〜永正9年
・越前の戦国大名。朝倉氏第9代当主
一向一揆衆を駆逐するなどして、内政・軍事においての朝倉氏の戦国大名
化、越前領国化を成し遂げた。

加藤清正(かとうきよまさ)永禄5年〜慶長16年
・戦国・安土桃山時代の武将、大名。初代熊本藩主。
賤ヶ岳の合戦で七本槍の一人に数えられ、その後も数々の戦いで功をあげる。
築城の名手として知られ、熊本城、江戸城、名古屋城などの築城に携わった。
法律面でも、アメリカより先んじて三振法を取り入れている。軽微な罪や
式典で粗相を3回起こすと切腹を申し付けられるものであり、そのため加
藤家の家臣は行儀の良いことで有名だった。

後光嚴天皇(ごこうごんてんのう)延元3年/建武3年〜文中3年/応安7年3月3日
・北朝第4代天皇

後伏見天皇(ごふしみてんのう)弘安11年〜延元元年/建武3年
・第93代天皇

最澄(さいちょう)神護景雲元年〜弘仁13年
・平安時代の僧
日本の天台宗を開いた

島津勝久(しまづかつひさ)文亀3年〜天正元年
・島津氏14代目当主

住友政友(すみともまさとも)天正13年〜承応元年
・住友財閥創始者
出家して修行に励んでいたが、幕府の宗教政策に反発。
僧籍を離れ、京都で書物と薬の店を始めた。

藤堂高次(とうどうたかつぐ)慶長6年〜延宝4年
・江戸時代前期の外様大名。伊勢国津藩第2代藩主。
・藤堂高虎の嫡男
財政が悪化していた津藩を立て直すため、新田開発を奨励するなどの改革に努めた。

細川忠利(ほそかわただとし)生没年:天正14年〜寛永18年
・豊前小倉藩主。肥後熊本藩初代藩主
・父は細川忠興、母は細川ガラシャ

本願寺教如(ほんがんじきょうにょ)、永禄元年〜慶長19年
・石山本願寺第12代門主。真宗大谷派の祖
・第11代門主・顕如の長男
織田信長との石山戦争では、父を助けて信長と戦った。
その後勅命講和を無視して徹底抗戦を主張し、本願寺に立て籠もって信長
に抗戦。そのため父親から義絶され、信長の死後に父と和解する。
父・顕如の死後、本願寺住職の座を継ごうとしたが豊臣秀吉が反対。
弟の准如が後を継いだ。
秀吉の死後、徳川家康が教如に肩入れし、後陽成天皇の勅許を背景に東本願
寺を建立。これに対して准如も西本願寺を創設し、本願寺は分裂した。


畢宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。