※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


觜宿の歴史上の人物-宿曜占星術

安徳天皇(あんとくてんのう)、治承2年〜元暦2年(1178〜1185)
・第81代天皇
2歳で即位し、政治の実権は平清盛がにぎる。
壇ノ浦の戦いで平家が源氏に敗れると、祖母に抱かれて入水し、8歳で崩御した。

亀山天皇(かめやまてんのう)、建長元年〜嘉元3年(1249〜1305)
・第90代天皇

菅原道真(すがわらのみちざね)承和12年〜延喜3年(845〜903)
・平安時代の学者、詩人、政治家
特に漢詩に優れ、現在は学問の神として親しまれる。

土御門泰重(つちみかどやすしげ)天正14年〜寛文元年(1586〜1661)
・陰陽師
安倍氏以来、代々陰陽頭を務める土御門家当主

智仁親王(としひとしんのう)天正7年〜寛永6年(1579〜1629)
・皇族。八条宮家の初代。
1586年に豊臣秀吉の猶子となるが、秀吉に実子が生れたことにより八条宮を創設。
細川幽斎から古今伝授を受けた。

徳川綱吉(とくがわつなよし)、正保3年〜宝永6年(1646〜1709)
・江戸幕府第5代将軍
・3代将軍家光の4男
綱紀粛正のため、多くの大名や旗本の改易をおこなった。
生類憐れみの令を定めた。

豊臣秀吉(とよとみひでよし)天文6年〜慶長3年
・戦国時代の武将。、関白、太政大臣

二宮金次郎(にのみやきんじろう)、天明7年〜安政3年(1787〜1856)
・江戸時代後期の思想家
「報徳思想」を唱えて農村復興運動を指導した。

松平広忠(まつだいらひろただ)、大永6年〜天文18年(1526〜1549)
・戦国時代の武将。三河国額田郡岡崎城主。松平宗家8代当主。
・松平清康の子。徳川家康の父。
父の不慮の死後、家臣団や一族をまとめることには、辛うじて成功した
ものの、三河の諸豪族まではまとめることができず、衰亡の危機を迎える。

脇坂安元(わきざかやすもと)天正12年〜承応2年(1584〜1654)
・江戸時代初期の大名
徳川秀忠の談伴衆でもあった教養人で、「下館日記」「在昔抄」など著作も多い。
飯田の城下町を整備し、文化産業振興にも力を注ぐなど、飯田の発展に尽くした。
安元には実子がいたにもかかわらず、当時将軍家光の信任が厚い堀田正盛の
次男でを養子とすることを願い出て許されている。
そのため、外様の小藩であった脇坂家は譜代大名となることができた。


觜宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。