※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


参宿の歴史上の人物-宿曜占星術

秋月種長(あきづきたねなが)永禄10年〜慶長19年(1567〜1614)
・日向国高鍋藩初代藩主
文禄の役、慶長の役に出陣して蔚山城の戦いで功績を挙げた。
関ヶ原の戦いでは西軍に属していたが、東軍に降伏し、所領を安堵され
秋月氏の高鍋初代藩主となった。

足利義晴(あしかがよしはる)永正8年〜天文19年(1511〜1550)
・室町幕府第12代将軍
・足利義輝、足利義昭の父
管領・細川高国に擁立されて第12代将軍に就任する。

岩崎弥太郎(いわさきやたろう)天保5年〜明治18年
・実業家・三菱財閥の創業者

木戸孝允(きどたかみつ)天保4年〜明治10年(1833〜1877)
・維新の元勲政治家。
幕末には、桂小五郎として知られていた尊皇攘夷派の中心人物。
薩摩の西郷隆盛、大久保利通とともに、維新の三傑として並び称せられる。
江戸練兵館塾頭の剣豪、勤皇志士、長州藩庁政務座の最高責任者として
活躍するが、志士時代は徹底的に闘争を避け「逃げの小五郎」と呼ばれた。

島津義弘(しまづよしひろ)、天文4年〜元和5年(1535〜1619)
・島津氏17代当主

崇徳天皇(すとくてんのう)、元永2年〜長寛2年(1119〜1164)
・第75代天皇

高杉晋作(たかすぎしんさく)天保10年〜慶応3年(1839〜1867)
・幕末の長州藩藩士

曲直瀬道三(まなせどうさん)永正4年〜文禄3年(1507〜1594)
・戦国時代の医師
日本医学中興の祖として田代三喜・永田徳本などと並んで「医聖」と称さ
れる。
名医として知られた田代三喜斎に入門して最新の漢方医学を修めた。
将軍足利義輝、細川晴元、三好長慶、松永久秀、毛利元就、織田信長、
正親町天皇などを診療。
『啓迪集』『薬性能毒』『百腹図説』『弁証配剤医灯』など数多くの著書
を記し、数百人の門人に医術を教え、名医として諸国にその名を知られた。
死後、正二位法印を追贈された。
子の玄朔が後を継ぎ、代々官医として続いた。


参宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。