※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


井宿の歴史上の人物-宿曜占星術

足利義量(あしかがよしかず)応永14年〜応永32年(1407〜1425)
・室町幕府第5代将軍
・第4代将軍足利義持の子
16歳で将軍職を譲られるも病弱で、2年後に死去
翌年には父の義持も後継を定めないまま死去し、第6代将軍は籤引きで
選ばれた。父の義持に大酒を戒められ、近臣は義量に酒を勧めないよう
起請文をとられたという話なども伝えられている。

足利義栄(あしかがよしひで)天文7年〜永禄11年(1538〜1568)
・室町幕府第14代将軍
松永久秀・三好義継に擁立され第14代将軍に就任したが、織田信長が足利
義昭を擁して入京した為阿波国に逃れた。

池田光政(いけだみつまさ)慶長14年〜天和2年(1609〜1682)
・初代岡山藩主
全国初の藩校「花畠教場」を開校し、また日本最古の庶民の学校として
「閑谷学校」も開くなど、教育の充実に熱心だった。
干拓などの新田開発・百間川(旭川放水路)の開鑿などの治水を行い、ま
た業の振興も奨励した。
徳川光圀・保科正之と並び江戸時代初期の三名君として称されている。

正親町天皇(おおぎまちてんのう)永正14年〜文禄2年(1517〜1593)
・第106代天皇
天皇家の財政は逼迫し即位の礼を挙げられず、毛利元就などの献金を受けて
ようやく即位の礼を挙げることができた。
織田信長が、その敵対勢力に対してたびたび講和の勅命を出させるなど天皇
の権威を利用した。朝倉義景・浅井長政との戦い、足利義昭の戦い、石山本
願寺との講和はいずれも正親町天皇の勅命による。
信長にその存在を疎まれるようになり、たびたび譲位を要求されるようにな
るが、天皇はそれを最後まで拒んだ。
豊臣秀吉に政権が移った後も、秀吉が権威の後ろ楯として天皇を利用したた
め、天皇家の権威は高まった。
正親町天皇の治世は織田信長と豊臣秀吉の全盛期にあたり、その援助のもと
応仁の乱以来衰退しきった朝廷を立て直した時期だった。

後圓融天皇(ごえんゆうてんのう)延文3年/正平13年〜明徳4年(1359〜1393)
・南北朝時代の北朝第5代天皇

後小松天皇(ごこまつてんのう)天授3年〜永享5年(1377〜1433)
・北朝最後の第6代、歴代第100代の天皇

近衛信尋(このえのぶひろ)慶長4年〜慶安2年(1599〜1649)
・江戸時代前期の公家。後陽成天皇の第4皇子。
近衛前久、信尹の文化人の資質を受け継ぎ、諸芸道に精通した文化人だった。
書道は、養父信尹の三藐院流を継承し、卓越した能書家、茶道は古田織部に
学び、連歌も巧みだった。
実兄の後水尾天皇を中心とする宮廷文化・文芸活動を中心人物として担った。

朱雀天皇(すざくてんのう)延長元年〜天暦6年(923〜952)
・第61代天皇

豊臣鶴松(とよとみつるまつ)天正17年〜天正19年(1589〜1591)
・豊臣秀吉の長男
秀吉の初めての子であった為、後継者として期待されるが3歳で病没。

松平信康(まつだいらのぶやす)永禄2年〜天正7年(1559〜1579)
・徳川家康の嫡男

六条天皇(ろくじょうてんのう)長寛2年〜安元2年(1164〜1176)
・第79代天皇
生後9ヶ月(数え年2歳)で即位。
在位3年足らずで平家の推す叔父の高倉天皇に譲位する(歴代最年少上皇)。
その後は寂しい生涯を送り、元服を行う事も無く13歳で病死

山名宗全(やまなそうぜん)応永11年〜文明5年(1404〜1473)
・室町時代の守護大名
応仁の乱では西軍を率いて挙兵

結城秀康(ゆうきひでやす)天正2年〜慶長12年(1574〜1607)
・戦国時代、安土桃山時代の武将。越前国福井藩初代藩主
・徳川家康の次男

酒井忠勝文禄3年〜正保4年(1594〜1647)
・江戸時代初期の大名
・高田藩主、松代藩主、庄内藩主
祖父は徳川四天王のひとり酒井忠次。
同時代、若狭国小浜藩主であった酒井忠勝(讃岐守)は同姓同名の別人。


井宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。