※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


柳宿の歴史上の人物-宿曜占星術

青山忠俊(あおやまただとし)天正6年〜寛永20年(1578〜1643)
・江戸時代初期の譜代大名。武蔵国岩槻藩藩主、上総国大多喜藩主
・父は青山忠成。徳川家光の傅役。
徳川秀忠に仕え、土井利勝、酒井忠世とともに徳川家光の傅役をつとめた。
五万五千石をもって岩槻城主となるが、しばしば家光に諫言を繰り返した
ため、上総国大多喜藩(二万石)に減転封され、その後除封。
秀忠の死後に再出仕の要請があったが断った。

新井白石(あらいはくせき)明暦3年〜享保10年(1657〜1725)
・江戸時代の政治家、学者、詩人
わずか3歳で父の読む儒学の書物をそっくり書き写していたという伝説を
持つ。 気性が激しく、後年、幕府の反対派からは「鬼」と呼ばれ恐れられた。

応神天皇(おうじんてんのう)仲哀天皇9年〜応神天皇41年(201〜310)
・第15代天皇

後西天皇(ごさいてんのう)寛永14年〜貞享2年(1638〜1685)
・第111代天皇

後陽成天皇(ごようぜいてんのう)元亀2年〜元和3年(1571〜1617)
・第107代天皇

相良頼房(さがらよりふさ)天正2年〜寛永13年(1574〜1636)
・初代人吉藩主

遠山景元(とおやまかげもと)寛政5年〜安政2年(1793〜1855)
・江戸時代の旗本。江戸北町奉行、南町奉行を勤めた。
・時代劇「遠山の金さん」のモデル。

前田利長(まえだ としなが)永禄5年〜慶長19年(1562〜1614)
・安土桃山時代の武将、加賀藩初代藩主
・前田利家の嫡男

村上天皇(むらかみてんのう)延長4年〜康保4年(926〜967)
・第62代天皇
朝廷の財政が逼迫していたが、倹約に努め物価を安定させる。
琴・琵琶などの楽器にも精通し、平安文化を開花させた。


柳宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。