※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


星宿の歴史上の人物-宿曜占星術

足利義澄(あしかがよしずみ)文明12年〜永正8年(1481〜1511)
・室町幕府第11代将軍

宇多天皇(うだてんのう)貞観9年〜承平元年(867〜931)
・第59代天皇

上井覚兼(うわい かくけん)天文14年〜天正17年(1545〜1589)
・戦国・安土桃山時代の武将。島津氏の家臣。
島津義久の側近として仕え、家老として島津氏の政治を取り仕切った。
日向国の宮崎城守備を命じられ、行政面で活躍している。
優れた教養人でもあり、彼が記した『上井覚兼日記』や『伊勢守心得書』
などは島津氏の首脳陣の政策決定などの内情を知る上で、大変貴重な史料。

狩野永徳(かのう えいとく)天文12年〜天正18年(1543〜1590)
・安土桃山時代の絵師
狩野派の棟梁として、織田信長、豊臣秀吉に仕え、安土城や大坂城などの
障壁画に筆を揮った。

後柏原天皇(ごかしわばらてんのう)寛正5年〜大永6年(1464〜1526)
・第104代天皇
仏教に帰依し、書道に長けていたといわれている。

島津貴久(しまづ たかひさ)永正11年〜元亀2年(1514〜1571)
・薩摩・大隅の戦国大名
・島津氏15代当主
琉球王と修好を結んだりするなど外交政策にも積極的に取り組んだ。
鉄炮が種子島氏より献上されると数年後には実戦で利用している。

田沼意次(たぬま おきつぐ)享保4年〜天明8年(1719〜1788)
・江戸時代の政治家
幕府の財政赤字を食い止めるため重商主義政策を取り、その結果、幕府の
財政は改善し、景気もよくなった。
しかし、そのために生活が金銭中心のものとなり、贈収賄が横行した。
江戸商人への権益を図りすぎたため、贈収賄疑惑を流されるなど、政治への
批判があつまった。

徳川秀忠(とくがわ ひでただ)天正7年〜寛永9年(1579〜1632)
・江戸幕府第2代将軍
・徳川家康の三男

徳川吉宗(とくがわ よしむね)貞享元年〜寛延4年(1684〜1751)
・江戸幕府第8代将軍
紀州藩2代藩主徳川光貞の四男として生まれ、二人の兄の死後、紀州藩主を
継ぎ藩財政の再建に努め、七代将軍家継の死により徳川将軍家の血筋が途絶
えると、江戸幕府8代将軍へと就任する。
自ら質素倹約、新田の開発、目安箱の設置などの享保の改革を行う。
破綻しかけていた幕府財政を再建し、江戸幕府中興の祖と呼ばれる。

内藤信成(ないとうのぶなり)天文14年〜慶長17年(1545〜1612)
・戦国時代の武将・大名
・父は松平広忠。徳川家康の異母弟
異母兄・徳川家康に仕え、三方ヶ原の戦いでは殿軍(しんがり)を務めた。
長篠の戦いでは先陣として活躍、その後も多くの戦いに参陣して功績を挙げ
駿府城主に任命された。
その後、家康が大御所となって駿府城を居城としたため、近江国長浜城
4万石に移封された。

土方歳三(ひじかたとしぞう)天保6年〜明治2年(1835〜1869)
・新選組副長

南部重直(なんぶしげなお)慶長11年〜寛文4年(1606〜1664)
・盛岡藩第2代藩主
盛岡城の築城工事を完成させるなど、盛岡藩の基盤固めに専念した。

細川忠興(ほそかわただおき)永禄6年〜正保2年(1563〜1646)
・戦国・安土桃山時代の武将
・細川幽斎(細川藤孝)の嫡男

明治天皇(めいじてんのう)嘉永5年〜明治45年(1852〜1912)
・第122代天皇


星宿

占い専科☆宿曜占星術



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。