※アダルトサイトから転送URLとして当サイトへリンクされているようですが、
占い専科☆宿曜占星術」はアダルトサイトとは一切関係ありません。


宿曜占星術で占う歴史上の人物の相性ー黒田孝高・長政父子

宿曜占星術で占う相性

黒田孝高(女宿)×黒田長政(室宿


「安・壊」の近距離という間柄で、単純に相性だけで言うと悪い相性となります。

内心、不快な感じを抱いたとしても半面では何か心を惹かれ、気になる相手です。

直接利害関係がなければ好感を抱くこともありますが、ひとたび利害関係が生じると

互いに破壊し、傷つけあう関係となるのが特徴です。


しかし、同じ「安・壊」でも比較的うまくいくケースもあります。

「安・壊」の関係には「順相」と「逆相」があり、この順・逆についての詳細な説明は

ここでは割愛させていただきますが、順相の場合は必ずしも凶にはならないことも!

黒田父子の場合は順相となります。


お互いに気になる相手ですが、長政から見た孝高はもっとも苦手なタイプ。

孝高から見れば、長政の派手さが我慢できません。

ともに実力者同士なので、トップの座を争えば壮絶な戦いになることもあったかも・・・





占い専科☆宿曜占星術





宿曜占星術で占う歴史上の人物の相性ー家康×信長・政宗

宿曜占星術で占う相性

徳川家康(斗宿)× 織田信長・伊達政宗 (てい宿)


「危・成」の中距離という間柄で、本質的に”友人星”です。

おたがいの性格や好みがまるで違っており、そこが魅力となって惹かれあいます。

異質の存在でありながら気が合い、長短相補いながら友情が続きくでしょう。

また、その友情が仕事に発展しても比較的うまくいきます。

対立したポストに置かれても、自分に無い価値を相手の中に発見し、良きライバル

となれるでしょう。


プライベートでも仕事面でも良き友人であり、ライバルでもありますが、「危・成」

の間柄は、後に別れるという運命を持っています。

ふたりの仲は終生続くということは少なく、後に、それぞれが本来の己の軌道に戻り、

自然に分かれることが多いのです。


斗宿(家康)から見たてい宿(信長・政宗)は異質な存在で、ときににギョッと

させられることもあり、怖い存在でもあります。

てい宿(信長・政宗)から見た斗宿(家康)は異質な相手ですが、この人と一緒だと

何事もやりやすい存在で、学ぶところが多い相手です。


 ←よかったらポチッと、応援お願いしまぁ〜す☆


占い専科☆宿曜占星術


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。